新築住宅の良い点は全て把握できること!?

熊本市に新築住宅で建てて良かった点は、建てた状態から純粋に築年数を数えられるところですね。また、自分たちが一番はじめに入る人であるというところです。要するに、新築住宅ですとすべてが一から把握できるので、気持ちの上でも安心なんです。新築で建てる住宅なのですから、至極当然のことだと言えるでしょうけれど。

しかし考えてもみてください。中古住宅の場合ですと、築年数はまあ把握できたとしても、細部までは把握できないじゃないですか。中古住宅を売り出す家主が「ここは何年か前にリフォームしました」と言っても、その言葉を間に受けて良いかわからないですし。

いや、性善説で信じたい気持ちはありますけれど、中古住宅を買った人の中にはリフォームが必要な箇所について、全てを伝えてもらえなかった人なんかもいますからね。そういった「騙された」的な中古物件購入話を聞いてしまうと、「やっぱり新築住宅がいい!」と思ってしまうのです。ちゃんと自分で把握できるところも、新築住宅の良い点だと思っていますので。

家は少し贅沢に考えたほうがいい

家を作るときに、まずなんといってもお金がないとできないと思うことがありますね。私の場合は、自分の夢を叶えたいと思ったので、宇城市でマイホームを建てるためにガッツリ貯金をすることにしました。そのことは、ずいぶん前から計画をして始めることにしたのです。自分の好きな家を作ることが出来ると思うと、そのことも苦労と思うことはありませんでした。それだけ、大きな夢を持つことができたと満足しています。
そしていざ、家つくりとなった時に、もっと貯金をしておけばよかったと思うほど、いろいろなことに贅沢をしたくなるのです。少しグレードの高い家が欲しいと思うようになります。そしてそのようにちょっと高いかなと心配をするよりも、思い切って買ったほうがいいと思った事でした。
それは、後から追加することがむつかしくなるからです。それだったら最初から、こんな風にオプションをつけておくと決めたほうがずっといいと思った事でした。自分の希望を兼ね備えた家は、やっぱりいいです。

憧れの注文住宅で一戸建てマイホーム

憧れていた注文住宅で宇土市にマイホームを建てる事が出来た我が家ですが、暮らしをマイホームで始めてから改めて注文住宅にして良かったと実感しています。その理由ですが、自分達で考えた家のため生活がしやすい環境が整っています。その一つが生活動線です。部屋の位置や間取りなど生活動線を予測して間取りを決めたりするため生活しやすくなっています。また、住宅設備についても利便性の良い設備を選んだり機能的な物を選ぶ事が出来るためとても便利になります。自分で決めて希望通りの設備や間取りを実現する事が出来る点は注文住宅の最大のメリットとも言えます。コスト面では、決めていた予算内に収まるように調整出来ます。予算を確認しながら変更や追加といった都度の修正が出来るため予算をしっかり立てておけば予算オーバーしません。以上、注文住宅は多くの魅力とメリットがあります。我が家もそんな注文住宅でマイホームを建てる事が出来て大変嬉しく思っています。

無理ないマイホームライフのため土地代貯金

マイホームを建てて、余裕がなくなるのは絶対に嫌だったので、土地代を貯めてから、熊本市に建てるマイホームの土地探しを本格的に始めることにしました。結婚してほぼ同時に、マイホーム資金のための貯金は始めています。

地域によっては、土地代も住宅ローンに含めなくてはならないほど、土地代が高額なところもあるでしょうけれど、幸い私たちが暮らしている地域は、そこまで土地が高くはないところです。ただ、安くもないところですから、土地代を貯めるのは苦労しました。

一戸建て住宅の建設費よりも土地代が高い地域ではありますからね。ですから、独身時代の二人の貯金を同額出し合っても、切り詰めなくてはならないほどに、土地代を貯めるのは大変でした。節約生活に嫌気がさして、ケンカをすることも何度かありましたからね。

しかし、なんとか持ちこたえたおかげで、今住宅ローンの返済金額が無理をしない金額ですから、やっぱり頑張って良かったなーと思います。ただ、その途中で節約生活によりストレスなどから来るぶつかり合いにて、離婚危機は何度かありました。ですから、一概には言えないところなのですが。

新築住宅にはコンセントの差込口多めだけど

家づくりの先輩より、「コンセントの差込口は多めにつけておいた方がいい」とアドバイスをもらっていました。だからわが家は、本当にコンセントの差込口は多めに作ってもらったのですよね。宇土市に注文住宅でマイホームを建てましたので、コンセントの差込口にしても、位置から数まで自由自在なわけなんです。ですからもちろん、コンセントの差込口は多めにしております。

ただ、使っていないコンセントの差込口は確かにあります。新築から数えて約5年が経過したわが家なのですが、今現在にしても一度も使っていないコンセントの差込口はありますね。子供がまだ小さいこともあるのですが、こちらも多めにコンセントの差込口を作ってもらった子供部屋ですが、使っていませんねぇ…。また、リビングにしても使っていないコンセントの差込口はありますね。

ですから、多めに作ってもらったコンセントの差込口ですが、無駄とも言えなくないような…とは思いますが、ついていて害はないので失敗とは思わないようにしています。子供もコンセントでトラブルを起こすことなくもう幼稚園児となっていますし、少ないよりは多い方がいいでしょう。

家族の提案に沿ったデザインの注文住宅

私は家族と年を取ってからもみんなで快適に住めるような注文住宅を建てようと考えました。私が宇土市で土地探しをして、注文住宅を建てる時に最も悩んだことは、家族全員の好みに合うようなデザインを考えることです。私は家族が心から喜ぶような注文住宅のデザインになるようにかなり悩みました。家族全員が気に入るようなデザインにするのは容易ではなかったのですが、家族からの不満がほとんどない注文住宅になって安堵しました。

 

注文住宅のデザインを決める時に家族からいろいろな提案がありました。私は家づくりを絶対に失敗したくない気持ちが強かったので実現できそうな外装や内装のデザインにしました。私は注文住宅を建てる際にいろいろ迷ってしまいました。自分一人では最終的なデザインを決断できなかったので注文住宅に関する知識を持っている友人に何度も相談しました。私はかなり時間を使って玄関やリビングの内装のプランを考えました。私は斬新なデザインではなくなるべくシンプルな内装になるように意識しました。

一戸建てを選んだメリットとは

私のマイホームは、熊本市の住宅展示場のモデルハウスを見て、新築一戸建ての住宅を選びました。マイホームを建てるなら一戸建てにこだわりを持っていたためマンションや中古物件ではなく新築一戸建てに決めました。新築一戸建ての魅力は、やはりプライベート空間がしっかりとしている点です。マンションや賃貸物件ですと音漏れや周りの目が気になってしまう事もあります。一戸建て住宅であれば周りとも離れているため音漏れなども気になりません。特に子育てをしていると子供の夜泣きなどで気を使わなくていけません。

一戸建てであれば気を使わずにゆったりと子育てが出来る空間を設ける事ができます。また、一戸建てで注文住宅にしたのですが、やはり自分のイメージした通りのオーダーメイド住宅に出来るのが最大の魅力です。間取りや家のデザインなど家族で話し合って思い描いたマイホームに出来ます。家づくりは大変な面もありますが、完成した時には感動的です。自分達のこだわりのマイホームを手に入れる事が出来るのが魅力的です。

望み通りの素晴らしい注文住宅で暮らす方法

宇土市に注文住宅で耐震住宅を建てた経験からお話をさせて頂きます。注文住宅を建てたいならば時間と手間がかかることを覚悟するべきです。安易に注文住宅を選ぶとデザインを自分で考えるのが面倒に感じてしまって後悔してしまう可能性があります。ただ、注文住宅はメリットが多いので心から納得できる一戸建てに家族といっしょに長く住みたいならば細かい部分までデザインをできる注文住宅を選んだ方がいいです。注文住宅は自由に工夫できる部分が多いので自分の好みにピッタリ合う一戸建てに住む事が可能です。

憧れの注文住宅を建てるためには家族と協力をして何日もかけていくつかのデザインの案を考えるべきです。そして最終的な注文住宅のデザインを決めるための話し合いを家族とする必要があります。一人で注文住宅のデザインを考えるよりも家族みんなで決めた方が良いデザインの注文住宅になります。マイホームを初めて建てるときには分からないことだらけでストレスが溜まりがちす。しかし、望み通りの素晴らしい注文住宅に住むためには努力することが欠かせないです。

壊れない網戸が欲しい

我が家は、熊本市に注文住宅で建てた家に住んでいるのですが、夏になるととても気になるのが虫です。人気のあるカブトムシなどならいいのですが、やっぱり嫌な虫が家の中にい入ってくることが多いですね。その中でも特に困るのは、なんといっても蚊です。それは病気になることもあるので、できるだけ家の中に入れたくありません。蚊取り線香などもつけることがありますが、中に入らない様にするには、やっぱり網戸が一番ですね。その網戸は、最初は大丈夫だったのですが使っていると外れてしまいました。

そのため、その外れたところから、蚊が侵入してくることがあるのです。ちょっと外れていても、蚊にとったは大きな入口となります。そのことから、度々張り替えることにしていました。ところがそのように張り替えても、掃除をしたりするとちょっとしたことですぐに外れてしまうのです。そのため、もっと外れないような破れないような頑丈な網戸にしたかったと思っています。ほかの家の場合は、そんなことで悩んでいないのでしょうか。

頑丈な注文住宅が欲しかった

頑丈な家というのを目的にして宇土市に注文住宅で一戸建てを建てたのですが木造ではなく鉄筋コンクリートということになりました。足元がぐらつく、ということが本当に嫌だったことがありましたので基本的に鉄筋コンクリートでがっちりとした家にしたいとしただけです。決して悪いことではないのですが住みやすい所であるのかといえば、まず高温多湿の日本において厳しいとは言われていたのですがそれでも空調はしっかりとしていましたからそこまで問題になることはありませんでした。上手くすれば相当に快適に過す事ができるのが鉄筋コンクリート住宅ということになります。しかし、固定資産税が木造より高くなってしまうというのはややネックではあったのですがそれでも快適に過ごせるのですから基本的にはそこまで気にしていないことです。木造にするのか鉄筋コンクリートにするのかというのは悩ましいところではありますが、それでも私は鉄筋コンクリート選んで良かったと思っています。